研究内容

当グループでは、結晶成長の中でも特に融液成長に関する研究に注力しています。独自に開発した“その場”観察装置を用いて固液界面で起こる様々な現象を学術的に解明します。この基礎研究で得られた知見を基に、実用的に有用な新しい結晶成長技術の開発に努めます。高品質・高均質な太陽電池用Si多結晶インゴットの成長技術の開発は、太陽電池のエネルギー変換効率の飛躍的向上のためには欠かせない課題であり、当グループでは真に社会に役立つ成果を求めて真摯に研究に取り組んでいます。

line

インフォメーション

2016/06/01New!

藤原研究室に新たなメンバーが加わりました。→詳細はこちら                     

2016/05/11New!

前田助教がThe 10th Asia-Pacific Laser Symposium(済州島、韓国)にて招待講演を行いました。→詳細はこちら
題目:Fabrication of periodically-twinned borate crystal for quasi-phase-matching

2016/04/06

藤原教授が5th International Workshop on Directianally Solodified Eutectic Ceramics(ワルシャワ、ポーランド)にて招待講演を行いました。→詳細はこちら
題目:In situ observations of interface instability and dendrite growth of silicon 

2016/04/01

藤原研究室に新たなメンバーが加わりました。→詳細はこちら

2015/01/29

結晶物理学研究部門の教員(准教授)を公募します。【応募締切】平成28年3月31日→詳細はこちら→公募を〆切ました。

2015/09/18

結晶物理学研究部門の教員(助教)を公募します。【応募締切】平成27年12月18日→詳細はこちら→公募を〆切ました。

2015/06/15

藤原教授が11th International Conference on Ceramic Materials and Components for Energy and Environmental Applications(バンクーバー、カナダ)にて招待講演を行いました。→詳細はこちら
題目:In situ observations of crystal/melt interface during unidirectional growth of silicon

2015/05/29

藤原教授が第129回 東北大学金属材料研究所講演会にて講演を行いました。→詳細はこちら
題目:Siの融液成長メカニズムと太陽電池用インゴットの成長

2015/04/01

藤原研究室がスタートしました。

line